トップページ » 戸狩の四季 » 

森の家

森の家戸狩エリアからクルマで10分。「なべくら高原・森の家」は、飯山の大自然を生かした体験イベントや里山の文化に触れるプログラム、環境教育や学校などの団体体験も行うことができる滞在型体験施設です。四季を通じてさまざまなアクティビティーを楽しめ、自然を肌で感じることができる、ネイチャーツーリズムの拠点となっています。
続きを読む

とんだいら高源

tondara.jpg

 とんだいら高源は、昔から地域住民が守ってきた歴史ある里山の活動拠点です。
 豊かな自然が残り、澄み切った空気ときれいな水が流れ誰もが癒される場所です。晴れた日には、大きく青い空に包まれているような気持になります。沢では子供たちも遊ぶことができ、都会では体験できない自然遊びを思いっきり体験できます。
 旧跡や水場など先人達の足跡を辿ってみたり、大自然に抱かれながら読書をするなど、喧騒から離れ、自分だけの楽しみ方を発見できます。


続きを読む

からす踊り

からす踊り現代によみがえる300年前の民俗芸能 毎年8月16日、17日のお盆の時期に、戸狩で踊られる「からす踊り」。音頭とりがリードをとって唄う、奥深くウィットに富んだ詩歌と流暢な節まわしに対し、一同は踏む・蹴る・手を叩くといった9つの動作を繰り返しながら踊り、返し唄を唄います。唄は短いながらも、一節ごとに、厳か、軽やか、楽しさ、哀れなどを感じる哲学的要素を含み、この唄と踊りの繰り返しのなかに深遠さと愉楽が感じられ、夜を徹して踊っても不思議と疲れを感じないと言います。このからす踊りは、江戸時代から北信濃?...
続きを読む

前へ戻る


s_photo.jpg
稲が育っています 【コメント】

大きく育って、美味しさを蓄えています。...

他の写真を見る写真を投稿する
s_photo.jpg

写真では伝えきれない、戸狩の魅力をYoutube動画で配信しています。

戸狩チャンネルへ 戸狩チャンネルへ