戸狩で食べる・買う戸狩のそば

戸狩のそば

湧水で打つ、こだわりのそば。
こころを込めて打つ、おもてなしのそば。

戸狩のそばは、宿の女将・オーナーの思いやこだわりが個性となって折り込まれています。それぞれの宿の個性を楽しみながら、風味良いそばをご賞味ください。

それぞれの民宿の個性がでるそばの味

戸狩の民宿でおいしいお蕎麦をメニューとして出している宿があります。ひとくちに蕎麦といっても、同じではありません。女将やオーナーのこだわりや個性がつまっています。例えば、遊休農地を開拓してそばを育て、自家製のそばの実から作るこだわり。そばの実を製粉機ではなく、石うすで挽くこだわり。つなぎにオヤマボクチ(雄山火口)というやまごぼうの繊維を入れて、そばの風味としっかりとした歯ごたえを求めるこだわり。 口の中に広がるそばの風味、ツルツルしたのど越し、食感を楽める強いコシ。作り方はそれぞれですが、それぞれの宿のこだわりが折り込まれた食べ応えのあるそばをご賞味ください。

戸狩のそばがおいしい理由? 湧水

そばを打つうえで、重要になるのが水です。戸狩の各宿では川の水を利用した水道水ではなく、裏山に湧き出ている湧水でそばを打ちます。臭みがなく、澄んでいて本当においしい水です。
 そばを打つ水も、茹でる湯もすべて湧水。これが田舎らしい贅沢だったりもします。おいしいそばを追求して、湧水を使う。その探究心こそが艶やかで引き締まった美味しいそばを提供できる秘密です。

それぞれの民宿の個性がでるそばの味

一打ち、一打ちに思いを込める。何よりも強いのが「お客様においしいそばを食べていただきたい」という気持ちです。ですから、一切手を抜きません。風味、のど越し、そして味にとことんこだわる気持ちこそが、最高の隠し味といえるのです。それぞれの宿の個性あふれるそばをぜひ一度ご賞味ください。

戸狩で食べる・買うへ戻る